どこへ行っても『改善しない』アナタの痛みを改善する専門店

ご予約・お問い合わせ <完全予約制>

〒231-0007 神奈川県横浜市中区弁天通4-53-2

営業時間: 平日 午前7時半~午後7時半 / 土日 午前8時~12時半 / 定休日 木曜・祝祭日関内駅より徒歩5分!
骨格矯正サロン とうせんきょう:横浜・関内 頭痛・肩コリ 専門


空き状況検索

地図と順路 お客様の喜びの声
初めての方へ 症状の検索

骨格矯正サロンとうせんきょう
電話番号
  • 045-226-4578
住所
  • 〒231-0007
  • 横浜市中区弁天通4-53-2
メールでのお問い合わせ



<交通事故> 保険を役に立てる治療を!



いざという時に役立つ『保険』ではありますが、
どこまで保険が役に立つかは
自分が事故の加害者側か被害者側かによって異なります。

そもそも、保険会社は被保険者(加害者)の味方です。
保険料を支払ってもらっている保険会社にとっては
加害者は雇い主のような立場になるからです。

保険料を支払うことで 加害者は保険会社と代理契約を結び
事故被害補償の煩わしさから解放されることになります。
もしアナタが加害者側なら、被害者対応のすべてを
保険会社が代行してくれるため、とても役立つと言えます。

一方、もしアナタが被害者側なら
保険会社の存在は必ずしも役に立つとは言えません。

もちろん、加害者が保険に加入していることで
損害賠償として一定の支払いが約束されますが、
保険会社にしてみれば、会社の利益が減じるため
本当は支払いたくないし、支払っても安く済ませたいわけです。

被害者にしてみれば、値切られるリスクが高く、
保険屋さんからあーじゃこーじゃと連絡が入って煩わしい限りです。

事故によって被害を被っているだけでも迷惑な話なのに
保険会社との折衝で、面倒な手続きや値下げ交渉を
浴びせられることになり 身体的にも精神的にも
負担が重なっていくのです。

こと治療に関しては、「病院」もしくは「病院に準ずる機関」で
保険治療を受けることしか認められていません・・・。
保険治療とは、(施設によって設備が異なりますが)
一般に『電気』や『温熱・冷却』・『牽引』などを指しています。

事故に起因する痛みの解消もしくは軽減が目的ですが、
【むちうち】などは、治療をしなくても3ヶ月~6ヶ月でも
実際に放って置けば痛みは無くなります。

つまり、保険治療に意味と効果があるかどうか?ということです。
問題は・・・痛みが治まったとしても
事故の衝撃によって首の骨の歪みは【進行中】であるということ。
自覚がなければ影響がないということではないのです。

事故の補償が終わって3~5年のうちに後遺症として
首や肩の痛み、頭痛やめまい、耳鳴り、腰痛に膝痛など
およそ事故とは関係ない場所にまで症状が派生してきます。



自分自身でも事故の後遺症とは思ってもいないでしょうし、
時間が経過しすぎて事故との因果関係を証明することは出来ません。
当然、保険の対象外になります。

後から痛みが出てきても【時すでに遅し】
これが事故の本当の【後遺症】なのです。

だからこそ、被害者の方々には
保険会社の補償を役立てるようにして欲しいのです。
役に立たない補償ではありません。
いかに役に立つように利用するかがポイントなのです!

「とうせんきょう」では、
交通事故の「役立つ」保険対応をしております。
事故後に後遺症を残さないための治療を、保険の適用内でご案内。

また、加害者の代理人である保険会社に対して
被害者のアナタの代理人となり、
保険会社との折衝の煩わしさを代行し
事故で孤独なアナタの痛みに寄り添わせていただきます。


横浜・関内・馬車道の骨格矯正サロン「とうせんきょう」では「交通事故」に関するお悩みの原因を【骨格の歪み】に合わせて解決します。


   詳しくは →→→ 【真鋭の原因治療・方法】






<交通事故> 事故に遭ったときにやるべきこと!



現在お越しいただいているお客様が交通事故に遭いました。
先週末のお盆、墓参りからの帰り道にドカン!!
と言っても、お客様ご自身は完全な被害者。

赤信号で停車中に後方から ドカンと追突されたそうです。
車のトランク開閉部はグシャグシャになり廃車に。
お客様ご自身も、かなりの衝撃を受け
首が動かなくなり、全身が打撲状態に・・・。

それまでに、治療を重ねて頂いており
ずいぶんとカラダの調子が良くなっていただけに
まさに晴天の霹靂。

なんだか、ウチに来ていただく前の
シンドイ状態に戻ってしまったかのような辛さだそうです。
大変に残念なことです・・・。

被害者となった場合に、理解しておくべきことが2つあります。

① アナタが『損をするようなことがあってはいけない』ということ。
② 後遺症は事故直後ではなく、『年単位で遅れて発生する』ということ。


①につき・・・
そもそも、事故に遭っただけでも損ですし、
そこにきて警察やら医者やら保険屋やらと
不必要に時間を搾取されていきます。
精神的にも肉体的にも不必要な負荷です。

加害者は保険に入っているので、まったく損はしません。
そして、保険屋さんは保険を払うのが仕事ですから、損ではありません。

ところが被害者は、一般的に言って
「直後の重度なケガが無くて良かったね」レベルで
事故を処理してしまう傾向があり、それで損をします。

つまり、知識が無いばかりに、
後遺症に対しての治療保障を放棄してしまいがちなのです。

どういうことか??

事故の本当の後遺症は、3~5年後に出て来ます。
事故直後では無いのです。ここが勘違いの元!

事故の衝撃は時間の経過とともに表面化します。
直後は筋肉の過緊張によるものばかりで、
骨の歪みや体軸バランスの崩れなどは目に見えにくいのです。


例えば、地震が起きた瞬間は
家の基礎部が少し傾斜したところで、いきなり被害は出ませんね。

ところが時間が経つにつれて傾斜が強くなったり
地盤が弱くなったりして 柱が歪み、壁にヒビが入り、
窓枠が曲がって窓が開きにくくなり、
ドア枠がつかえてキチンと閉まらなくなったりします。
次第にどんどん傾斜が大きくなり、家自体が悲鳴をあげる結果となります。

事故直後も同じで 衝撃により、
骨やバランスはミリ単位でズレたりします。
が、ヒトには見えません。

見えてたり感じたりするのはズレが大きく育った3年後です。
そのときに、保険屋さんが対応してくれるか?
すでに時効で、誰も責任をとってくれないのです。

なんなら、被害者自身も事故影響と見なさず、
最近仕事が立て込んだから余計に疲れたなくらいにしか考えず、
事故の後遺症だと連想することすらありません。

このとき、整形外科に行くのもマッサージ屋さんに行くのも
湿布を買うのも、全部自腹になるのです。

保険が後遺症としてカバーするのは、
事故直後に被害者本人が訴えた痛みのみです。

3年後、5年後に痛みを訴えても誰も責任を取ってくれません。
その症状が事故の後遺症であったとしても…です。


なので、医師から事故と症状の関連にお墨付きを頂く【診断書】の
内容がとても重要になるのです。

事故を利用して儲けることなど出来ませんが、
事故対応をミスると身体的・経済的な損害は大きくなるばかりです。

ここで事故処理の際に重要なことを確認しておきましょう。
① 事故処理をしてもらう際に、キチンと人身事故扱いにしてもらうこと
② 相手の保険会社の名前、担当者の名前、電話番号、そして、
 当該の診療所へ行くことを加害者から保険会社に伝えてもらうこと
③ 病院の診断書をもらう際には、少しでも痛みがある場合は、
 大丈夫と軽く考えず診断書に記載してもらうこと


初期対応としてはここまで。

被害者の立場上、自身の健康を確保するべく
自分が受けたい治療を受ける権利を
キチンと行使することが最重要になります。

後になってから、ココが痛い、アソコが痛いと言っても後の祭り。
お金のことは保険会社が嫌でもやってくれます。

アナタにとって一番大切なことは、
事故による被害を最小限に抑えること。

事故の衝撃は、カラダに甚大な影響を及ぼします。
後遺症を残さない初期の早期対応が肝心です。
今回、事故に遭われたお客様に関しては
とうせんきょうが最善のケアをもって対応させて頂きます。



横浜・関内・馬車道の骨格矯正サロン「とうせんきょう」では「交通事故」に関するお悩みの原因を【骨格の歪み】に合わせて解決します。


   詳しくは →→→ 【真鋭の原因治療・方法】


<交通事故> 後遺症を無くす治療を!



どんな小さな交通事故でも、必ず後遺症は残ります。
そのとき、何とも無いと思っていても
後になってから出てくるのが後遺症です。

「後になってから出てくる」 からこそ
【後遺症】 なのです。

そして、後になってからでは保険は利用できないのです。
だからこそ、事故に遭遇してしまったときに
しっかりと治療に行ってほしいのです。

「交通事故専門」と名のつく整骨院やクリニックは
たくさんありますが、何を持って専門と言っているのかを
ヒト伝いでなく、ご自分で確かめてください。

治療前に検査をしてくれるのか?
治療方針はどのようになっているのか?
治療技術はどのようなものなのか?
治療実績はどうなのか?
その他・・・諸条件を確認して、専門性を確認してください。

一番に大切なことは 金額でも、近所でもなく、
後遺症の可能性と治療による効果をきちんと説明して、
アナタが納得する形で話してくれる所を選ぶことです。

「とうせんきょう」は、交通事故の後遺症を
排除する治療をご提案させて頂いております。


横浜・関内・馬車道の骨格矯正サロン「とうせんきょう」では「交通事故」に関するお悩みの原因を【骨格の歪み】に合わせて解決します。


   詳しくは →→→ 【真鋭の原因治療・方法】




<交通事故> 事故後の対応が大切


交通事故に遭遇してしまったとして・・・
最も大切なことは「後遺症」を残さないための治療です。

交通事故に遭った方の多くは
「何とも無かったから病院に行かなかった・・・」と言い、
何の治療も受けずに、そのまま放置しています。

その時に痛みが出ていなくても
時間が経つに連れて痛くなってくることは往々にしてあります。
しかし、最初の時点(警察の検分および医師の診断時)で
痛みを訴えていなければ、保険治療の対象にならないため
結局、後遺症治療はアナタ持ちになってしまいます。

交通事故に遭っても、 痛みや身体の不調がないからといって
安易に安心をしてはいけません。
後遺症というのは、『後』になってから出てくるものなのです。

交通事故に遭えば、多かれ少なかれ【むちうち】状態になります。
カラダに感じれば、急を要して病院に行きますが
カラダに感じないので、放置・・・ではいけません。

交通事故に遭ってしまう偶然は選ぶことができませんが
事故後の後遺症を出さなくするための治療は選ぶことができます。
必ずレントゲン検査をうけ、首の状態を確認するのが最善です。

5年後・10年後に症状を出さないためにも
正しい治療を選択してくださいね。


横浜・関内・馬車道の骨格矯正サロン「とうせんきょう」では「交通事故」に関するお悩みの原因を【骨格の歪み】に合わせて解決します。


   詳しくは →→→ 【真鋭の原因治療・方法】




<交通事故> 後遺症を残さないための治療



交通事故を起こした・・・
いや厳密に言うと後ろから追突されたので
交通事故に「巻き込まれた」側は、
とてつもない損害を被ることになります。

ぶつかった車の後方部分の修理はもちろん、
警察の現場検証にかかる時間、
加害者とのやりとりに関わる時間とストレス
交通事故に巻き込まれたしんどい感
そして何より【後遺症】。

交通事故の後遺症は
その場ですぐ身体が感じるものと、
5年・10年経過してから感じるものと2種類あります。

頻繁に起こるのが「むちうち」
交通事故の代名詞とも言えるむちうちですが、
放置される方が意外と多いことに驚きます。

重度のむちうちとなれば、生活や仕事に支障をきたすため
病院や整骨院などのリハビリに通われるようですが
正直、むちうち症状は(何もしなくても)
時間が経つごとに緩和されます。
電気をあてたり牽引をすることで、
その改善スピードを早めようというのが試みなのです。

軽度のむちうちならば、
何も治療を施さないか シップを貼って様子を見る程度。

しかしながら、それは対処療法に過ぎません。
交通事故で受けた衝撃は大小を問わず、
身体には大きな負担となります。

特に、骨格への影響は大きく「歪み」を作ることになります。
この歪みは、じわじわと身体を蝕んでいきます。

交通事故を起こした瞬間には、ほんのわずかな歪みであっても
時間が経過するにしたがって、歪みが大きくなっていくのです。
それが5年・10年の歳月を経て
身体に変調をきたすくらいになってきます。

その頃には、交通事故の保険は既に失効しています。
アナタ自身も自分の身に起きている変調が
交通事故の後遺症だとは思ってもいません。

ココが交通事故の一番恐ろしいところです。
保険が利いているうちに、電気や牽引以外にも
正しく骨格を治療しておくことをオススメしています。

「とうせんきょう」は交通事故のむちうち専門
骨格矯正治療を提供しています。

交通事故に巻き込まれて困っている方は 一度、ご相談ください。


横浜・関内・馬車道の骨格矯正サロン「とうせんきょう」では「交通事故」
に関するお悩みの原因を【骨格の歪み】に合わせて解決します。


   詳しくは →→→ 【真鋭の原因治療・方法】



<交通事故> 不慮の事故は『他人事』ではありません!


「自分だけは大丈夫!」と自信をもっていませんか?
どんな根拠があって「大丈夫!」と言いきれるでしょうか?

1つの県で1日に平均130件の交通事故があるそうです。
宝くじの当選確率よりは、はるかに高い確率で事故に当たります。
(ちなみにジャンボ宝くじの1等当選確率は、1000万分の1です)
結構な数の事故です・・・。




交通事故の多くは相手があっての事故です。

つまり、自分が十二分に注意をしていても
相手が注意緩慢な状態で突っ込んできたとしたら
アナタが注意をしていてもあまり意味がないわけです・・・。

いわゆる不慮の事故ですね。

この時、実に96%がむちうち症状にあっています。
交通事故の後遺症は「むちうち」だけにとどまりません。
めまいや吐き気、頭痛や腰痛、しびれに倦怠感などの
深刻な症状が起こってきます。

ご存知ですか?

後遺症は事故が起きたその瞬間よりも
事故後しばらくしてから出てくることが、ほどんどです。



多くの方が勘違いしやすいのは、
後遺症が・・・「事故後すぐ」
    ・・・「事故後半年以内」
    ・・・「事故後1年以内」に起きると思っていることです

それは大きな間違いです!

実は、5年~10年してから
症状として現れてくることが非常に多いのです。


事故直後、大ケガでなければ
わずかに身体に不調が出たとしても
 「事故に遭ったのだから、当然こんなものだ。」
 「大袈裟に検査をする必要もない。」
 「放っておけば、そのうち『日にち薬』で治ってしまうよ。」
… などと簡単に思っていませんか?

保険に入っていれば、事故補償はしてくれます。
もちろん、病院で手当もしてくれます。
しかし、それは事故直後~保険認定期間(最長の6ヶ月間)までです。

事故当時に受けた『衝撃』は、
時間をかけてカラダを侵食します。

それは、土台の安定を失った建物が
倒れていく様子を連想させます。

「今はまだ大丈夫」だと思います。

しかし、30年後も自信を持って
「大丈夫」だと言い切れますか?

今のアナタは・・・「まだ」倒れていないだけ。


事故後の後遺症というのは…
お医者様の診断を終えた後に
『ここも痛い、あそこも痛い・・・』となる場合。
しかし、時すでに遅しで保険認定の後です。
これは保険保障の対象外です。


5年後・10年後の痛みなど論外です。
しかし、事故がもとで傷ついた「骨格」に由来するなら
それは間違いなく
「後遺症」なはずです。


事故の影響を、アナタの判断で曖昧に終わらせてしまうと
5年後・10年後のアナタ自身の首を絞めることになりかねません。
その影響は、保険の保障期間が終わってから身体に現れてきます。

後遺症は【潜伏期間】がとても長いのです。


事故当時の痛みは、放っておけば自然に消えることはありますが
わずかに歪んだ首や腰は放置しておくと
悪化の一途をたどるばかりです。


事故を起こしたら、まず検査。
早期発見・早期治療が最大の効果をもたらします。
事故の保険が使える間に、
しっかり検査し、正しく治療を受けることが賢明です。


『事故の後遺症』をナメテかかってはいけません!
     
なお、当サロンでは事故後の対応を保険にて受付しております。



横浜・関内・馬車道の骨格矯正サロン「とうせんきょう」では「交通事故」に関するお悩みの原因を【骨格の歪み】に合わせて解決します。


   詳しくは →→→ 【真鋭の原因治療・方法】





<交通事故> 事故後の後遺症が・・・


「交通事故後の治療」をどのようにすべきか?
というのは、あまり一般に知られていません。

なぜなら、普段の生活にはあまり必要のない情報だからです。
つまり、実際に交通事故に遭遇して、
その場になってみて初めて、どうしたら良いのか?を悩むからです。

それはまるで、「お葬式」の場面と同じだったりします。
家族や近親者が亡くなったときに、
どのような手続きや手配が必要かを急に調べる感じですね。
普段から興味や関心を持っている人やその業種に携わっている人なら
いざ知らず、一般の人々にとってはきっと念頭にもない事柄です。

ところが一転して、自分が交通事故に遭遇すると
今までのようにウカウカはしていられなくなります。
事故で負傷し、生活に支障がでてくるようになると一大事です。

ここで初めて、交通事故後の治療に興味を持つことになるわけですが
実際に好ましい治療にたどり着くのは少ないという統計も出ています。

それは・・・
『家から近くて通うのに便利』
『費用が安くて負担が少ない』
『治療が簡単で短時間』 ・・・などという理由があるようです。

良い治療所が、ご自宅の近くにあるに越したことはありませんが
家から近いからという理由で治療所を選ぶのは最良とは言えません。

また、費用が安いに越したことはありませんが、
安かろう悪かろう、では困ります。

そして、治療時間の長短で判断されるべきでなく、
治療の質を問い、正しく治療されて改善することが大切です。
湿布・電気・牽引など、一般に考えられる治療法が有効な場合もあれば
何の効果も成果もなく、症状が悪化する場合もあります。

何よりも大切なのは事故後の後遺症を防ぐための
最善の治療を受けること。

それにはまず、事故による現在の影響を検査によって確認し、
そして、それに見合った治療を受けることが大切になります。

万が一にも、事故による衝撃で 骨格が歪んでしまっていた場合、
湿布や電気や牽引では改善しないからです。

「安い・近い・短い」に代表されるアンキンタンで
治療を選ぶのではなく、

どのように現在の症状の原因を特定するのか?
どのような治療が施されるのか?
どのように後遺症を回避するのか?
どのような効果が期待できるのか?
治療の質を求めて、選ぶようにしてください。

後遺症の有無は、アナタの一生を左右します。
事故は避けられない偶然に依るものですが、
後遺症の有無は、治療の選択肢があるアナタの必然に依ります。


横浜・関内・馬車道の骨格矯正サロン「とうせんきょう」では「交通事故」
に関するお悩みの原因を【骨格の歪み】に合わせて解決します。



   詳しくは →→→ 【真鋭の原因治療・方法】




<交通事故> ぶつけた後からでも遅くはない!


事故に遭わないように気をつけていても
事故に遭ってしまうことがあります。

一瞬の油断、不注意、不運・・・
いろいろな要因がありますが、
事故に遭ってしまったことを
巻き戻したり、リセットすることはできません。

事故に遭ってしまってアナタができることは
後遺症を残さない治療を選択すること。

ちょっとした衝突でも、身体への衝撃はあるんです。
その瞬間に痛みを感じていなくても、
5年後には骨の歪みとなって現れます。

そして、首痛・肩コリ・腰痛・膝痛などの
症状となって顕在化してきます。
後になってから、事故当時をうらんでも遅いのです。

事故に遭うことは選択できません。
しかし、事故に遭った後、どこで治療するかは未だ選択肢があります。
だからこそ、正しい【後遺症回復治療】をして頂きたい。

事故に遭ったら、まず検査。
病院に行かず、そのまま放置は後遺症への第一歩。


横浜・関内・馬車道の骨格矯正サロン「とうせんきょう」では「交通事故」
に関するお悩みの原因を【骨格の歪み】に合わせて解決します。



   詳しくは →→→ 【真鋭の原因治療・方法】



帯画像
<その他の症状>
頭痛 偏頭痛
/ 肩コリ / 腰痛 / 首痛 / ストレートネック /ヘルニア
むちうち /交通事故 / めまい / 耳鳴り / 坐骨神経痛 / 猫背 / 骨盤
手足のしびれ / 膝痛 / 背中の痛み / 捻挫 / 足への不安 / 小顔矯正
むくみ
/ 二重アゴ / 姿勢の乱れ /立ち方の癖 / 靴底の減り方 /
横向き寝 / 健康づくり

 
   
  


空き状況検索