←前へ 目次 ホームへ戻る 次へ→

☆ ランナー腰痛の改善にむけて

更新日:2017年08月18日

ご紹介でお越しのお客様はヒドイ腰痛持ち・・・。
過去に椎間板の手術も経験しています。

マラソン好きで、今年の春までは順調に走れていたのに
腰痛と膝痛がひどくなり、その後は
まったく走ることが出来なくなっていました。

朝起きるときに腰は痛く、
通勤電車で立っていると腰が砕けそうになります。
座っていても立ち上がるときには
すぐに立ち上がれず、何かにつかまりながらジワジワ立ち上がる始末。

病院やリハビリセンターに通うも
痛みは悪化するばかり・・・。

とうせんきょうにお越しいただいて
レントゲン写真を拝見すると
腰の縦軸が歪んでいることがわかりました。
また、本来あるべき腰のカーブも消失し、
身体を支えるバネが利いていない状態でした。
要するに、腰にしなりがなく過剰な負荷を被る状態に。

先日、矯正治療をさせて頂いて5回目が過ぎました。
腰の状態が少しずつ変化してきたのを
お客様自身が感じてくれています。

以前ほど腰が痛くないとのこと。
後屈できなかった腰も、少しずつ反れる感じがあるようで
腰より膝の方が気になってきた様子。

お客様の目標は年内に走る練習を再開し
来年の5月のレースに復帰すること。
すでにエントリーは決めてしまったとのこと。

いったん崩れてしまった体軸バランスを立て直すのは
言うほど簡単ではありません。
ましてや、腰骨が歪んでいるなら、なおさらです。


少しプレッシャーがかかりますが、
経過を見ながら、さらに矯正治療を重ねていきます。
順調に改善傾向にあるので、なんとか年内までに
練習再開できるようにして差し上げたいです。

←前へ 目次 ホームへ戻る 次へ→