←前へ 目次 ホームへ戻る 次へ→

☆ 痛くて立て膝ができない

更新日:2018年01月30日

膝が痛いお客様がご来店になりました。

昨年の9月に自転車で転倒し
左膝を強打して、傷めてしまったそうです。

その後、整形外科に行って
湿布を処方され10日間ほど様子を見たそうですが
痛みは軽減せず。

痛み止めやヒアルロン酸を注射してもらっても
痛みは軽減せず。

結局、整形外科はソレっきりに。

現状は、立て膝ができず
階段の昇降で膝に痛みが出るとのこと。

実際に立て膝を付いてもらうと
痛くて飛び跳ねる始末。

痛みが出ている場所を確認し、施術を開始。
どうにも手で取れないひっかかりがあるので
小道具を使わせて頂いて、ロックしている膝を解除。

さっそく立て膝を付いて頂くと・・・
「あ、痛くない。」とお客様は半信半疑。

靴を履いていただいて、店の外に出て
階段の昇降をしていただくと、
最初よりは、断然マシになっているが
まだ膝が引っかかるとのこと。

再び店内に戻り、膝を観察して
膝の詰まった箇所を施術。

また、同じ階段を昇降してもらうと
「え?痛くない。違和感がなくなりました。」
とお客様はビックリ。

ここまで、所要時間およそ30分。

4ヶ月も悩んできてシンドイ思いをしてきたのに
今までは何だったんだ?とお客様は驚嘆。

初診は60分の時間を設けてあるので
動きの悪い右肩(五十肩)もあわせて施術。
これまで、重いものを投げられなかったそうですが
残りの時間で肩のひっかかりも改善。

満足のご様子でお客様は帰宅されました。
お役に立てたようで良かったです。

←前へ 目次 ホームへ戻る 次へ→