←前へ 目次 ホームへ戻る 次へ→

☆ 解せませぬっ!

更新日:2018年02月20日

本日、公式戦チケット4月分の先行販売でした。
出先でしたが、無事に4月4日・5日のチケットを確保。
ホッと胸をなでおろすも、
同時に『えらい安いなぁ~』と不思議に思ってました。

外野席を購入したのですが、たしか去年は2000円だったような?
今年はなんと1500円。
あれ、何か間違えたかな?と不審に思えてしまいます。

自宅に帰ってガイドブックを見てみると・・・
なんと料金と座席が新体制に。
しかも、わりとヒトデナシな感じです。

フレックスプライス料金が設定され
試合によってチケット料金が変動するシステム。
要するに、価格の吊り上げです。

たとえば、土日に設定されている人気球団との試合は
営業しなくてもチケットが売れるので高い値段に。
そして、平日の不人気球団との試合は価格を安くして集客増を見込む作戦。

また、座席も客入り状況によってホームチームが
アウェイチームの陣地に迫り出して圧縮して
物理的かつ心理的圧力をかける一方で
高価格帯の内野席を買わせて敵軍の資金を枯渇させる作戦に。

ハマスタが改修工事をしているため、
確かに費用回収の必要があれど、あからさまに
顧客より球団経営を重視したやり方に不満と不信感。

なんかズルイ感がある大人の戦略は
正直、共感できません。

←前へ 目次 ホームへ戻る 次へ→