どこへ行っても『改善しない』アナタの痛みを改善する専門店

ご予約・お問い合わせ <完全予約制>

〒231-0007 神奈川県横浜市中区弁天通4-53-2

営業時間: 平日 午前7時半~午後7時半 / 土日 午前8時~12時半 / 定休日 木曜・祝祭日関内駅より徒歩5分!
骨格矯正サロン とうせんきょう:横浜・関内 頭痛・肩コリ 専門


空き状況検索

地図と順路 お客様の喜びの声
初めての方へ 症状の検索

骨格矯正サロンとうせんきょう
電話番号
  • 045-226-4578
住所
  • 〒231-0007
  • 横浜市中区弁天通4-53-2
メールでのお問い合わせ



メニュー 

   ① 筋肉を整える【マッサージ】… 単純な痛みの改善
          (首が回らない・腕があがらない・腰が痛い・捻挫した
など
   
   ② 骨を整える【矯正整体】… 痛みや症状が戻ってこないようにする原因治療




初診

   初診料     1,000円


マッサージ治療・鍼治療

   マッサージ治療 (30分)     4,000円
   鍼治療+マッサージ治療 (30分)     6,000円

原因治療 (矯正整体)

   レントゲン分析説明     10,000円
   骨格矯正治療 1回    *レントゲン分析が必要です     10,000円

*お得なパッケージプランもございます。詳細はスタッフへお問い合わせください。


  ● レントゲン撮影につき、当店には撮影施設がございません。
  ● 提携クリニックへご紹介をさせて頂き、撮影をして頂くことになっております。
(提携クリニックは、桜木町駅から徒歩5分)

 レントゲン検査の必要性と有用性


 「痛み」や「症状」が発生する原因がどこにあるのか?を突き止め
 なければ、いつまでたっても「痛み」や「症状」から解放されることは
 ありません。

 とうせんきょうでは、身体バランスの基礎となる『骨格』の状態に
 異常がないかを確かめるため、レントゲン検査を受けて頂いております。


 

 レントゲン検査が必要な理由は、
 多くの場合、痛みや症状が【骨の歪み】によって
 生じていることが統計学的に分かっているからです。

 
 そして、レントゲン分析説明を受けていただくことで
 今ある痛みや症状に対しての不安と疑問が氷解します。

 → * 参照「痛みの原因を特定する:レントゲン検査」

 
 自分自身の状態を、納得できるまで「知る」ことができる、
 それがレントゲン分析説明の有用性であり、価値です。

  どこへ行っても原因が分からず・・・
  どこへ行っても症状の改善が見られない・・・と、
  いつまでもドクター・ショッピングを続けているアナタに
  症状の【原因】を、とことんお見せいたします。


横浜・関内・馬車道の骨格矯正サロン「とうせんきょう」では身体の痛みに関する
お悩みの原因を【骨格の歪み】に合わせて解決します。


   詳しくは →→→ 【真鋭の原因治療・方法】



 急がば急いで回れ


 
「お手軽」で、「お手頃」で、「お値打ち」なモノが
 必ずしも【良品】であるとは限りません。
 (もちろん、良品もありますが。)
 
 店前に並ぶワゴンの中の特価商品や
 夕方のスーパーマーケットで売り切りのために
 『半額』にされる刺身やお惣菜など。

 偶然にも、自分の欲しいものが、
 お手軽にお手頃価格で手に入ったとすれば
 「お値打ち」だったと優越感に浸ることができるわけです。

 しかし、手を出してみて後悔することって
 意外と多かったり、お値打ち感に魅かれて
 ついつい、要らないモノを買ってしまった経験はありませんか?


 
 その瞬間は「安くて良い品を手に入れた!」と喜んでいても
 後になって、安かろう・悪かろうで「安物買いの銭失い」と
 気づいたりするものです。

 市価でなく、特価になっているのには理由があり、
 定価が半額になっているのにも理由があります。
 
 
ご自身の健康管理だって、同じこと。



 首が痛い・・・、腰が痛い・・・、膝が痛い・・・、
 めまいが・・・、耳鳴りが・・・、偏頭痛がひどくって・・・など、
 と症状に悩まされているときに
 近くに、安くて、腕が良い治療院や先生がいて一発で治療してくれたら
 どんなに幸運で便利で都合が良いかと思います。

 最初は近所の病院へ、整骨院へ行ってみる。
 改善しないので、整体やカイロに乗り換える。
 改善しないどころか、悪化してくるので、
 良いところがないかと必死でネット検索してみる。


 
 そうやって、次々とドクターショッピングを繰り返す、
 というのが実際のところのようです。

 お手頃な商品が、コンビニ感覚でお手軽に手に入れられる現在、
 一方で、高級志向への二極化が進んでいます。
 どこで「お値打ち感」を感じるかは、人それぞれ。

 安くて安いなりに良い品を手に入れたときに、お値打ち感がある人も
 高くてもしっかり良い品を手に入れたときに、お値打ち感がある人も
 (380円の牛丼弁当でも、3800円のランチコースでも)
 どちらも正しいわけです。

 ポイントは、
どこで満足感を感じることができるか?ということ。


 
 こと、健康に関しては、安い高いでなく、
 アナタの欲しいものを提供してくれるところが最善です。

【アナタの欲しいもの】:
それは自分の人生をコントロールしている感覚

 腰が痛くて起き上がれない、膝が痛くて階段の昇り降りがツライ・・・
 などは、自分の思い通りに自分のカラダを動かせないことが
 もどかしさの要因であり、不自由さの元凶です。

 腰さえ痛くなければ・・・、膝が思うように動きさえすれば・・・、
 もっと自由に好きなことができるのに・・・。

 まさにそれが、自分の人生をコントロールできていない状態。

 痛みや症状で、生活に支障がでている場合
 「安くて良い品を!」を選ぶことが、
 必ずしもアナタにとってのお値打ち感にはつながりません。

 お手軽で、お手頃なものは、どこかで品質を落としています。
 高ければ良いというわけでも、ありませんが
 価格が安い理由があるのと同じく、高いものにも理由があります。

 どこでお値打ち感を感じるか?
 何を最善とし、何を優先するのか?  
 それを決めるのは・・・ やはり、【アナタ】 です。
















空き状況検索