大切にしていること:アナタ自身が「自分は良くなっている!」と実感できるように結果を出すこと


痛みを取りたい、症状を変えたいと思っているアナタに
他では体験できない、結果重視の特別治療を提供します。


原因が骨格の歪みにある場合は、骨格矯正治療が有効です!


< 真鋭の原因治療 >
* 症状の出る理由を考える
* ビフォーアフター(治療前と治療後の変化)
* 痛みの原因を特定する(レントゲン検査)
* レントゲン分析説明の価値
* 治療方法の概要 
* 「5つの特徴」と「改善の根拠」

真鋭の原因治療:症状の出る理由を考える

症状が出るのには【理由】があります。

肩コリ・腰痛・膝痛・頭痛・めまい・耳鳴り…
どんな症状にも必ず【原因】があってその【結果】、症状として身体に現われてくるのです。

症状緩和のために、例えば…
→ 『電気をあてる』
→ 『湿布(鎮静剤)を貼る』
→ 『薬(鎮痛剤)を飲む』これで症状が軽減すれば、ラッキーです。つまり、それは「一過性の症状だった」と言えます。一方で、その場しのぎにもならず、まったく効果が感じられない悲しい状態の方もいます。そう、アナタです!

薬を飲んでも・・・結局はその場しのぎです。

何をしても、どこへ行っても症状が変わらないアナタ。【原因】を特定しない限り【結果】は変わりません。症状を変えたいなら、根本となる原因から解決する必要があります。

とうせんきょうでは【骨格の歪み】を実際に目で見て確認し、歪みを正しく矯正することで、アナタが期待する結果を提供させて頂いております。


何をしても、どこへ行っても症状が変わらないアナタ。

まずは【結果】をご覧ください。


驚きの改善に笑顔:お客様の喜びの声をクリック!

ビフォーアフター:「治療前」から「治療後」への変化

【43歳 女性:職業 会社員(事務職)】

<症状>
● 偏頭痛に悩まされ続け、仕事に集中できない。
● 頭痛薬を飲んでいるが、効くときと効かないときがある。
● 夕方になると頭が重く、イライラしやすい。
● 肩コリがひどく、最近はマッサージ屋に通っている。
● 上を向きにくい感じはする。
● 目の疲れを感じるようになってきた。
 *高校生のときに交通事故の経験アリ

【治療前】          【治療後】 頚椎の歪みを矯正して改善報告

<症状の変化>
● 偏頭痛は消えて、頭痛薬も服用しなくなった。
● 肩こりが消えて、マッサージ屋も行く必要がなくなった。
● 仕事に集中できるようになった。
● 頭の重だるさやイライラ感がなくなった。
——————————————————————————————————————————————-

【61歳 男性:職業 自営業】

<症状>
● 胃腸の調子が常に悪く、小便が漏れる。
● まっすぐ平行に歩けない。
● 腰の重だるさが抜けず、立ち上がる際に鋭い痛みが走る。
● 右膝がガクガクして、歩く際に不安を感じる。
 * 病院で腰部ヘルニアと診断されている。

【治療前】          【治療後】 骨盤の左右バランスを矯正し改善報告

<症状の変化>
● 胃腸の調子が活発になり、尿もれを抑えられるようになった。
● 左右に揺れることなく、比較的まっすぐ歩けるようになった。
● 腰は以前ほど重たさを感じず、立ち上がる際の痛みが大幅減。
● 右膝のガクガク感が消えて、普通に歩けるようになった。
——————————————————————————————————————————————-

【29歳 女性:職業 美容師】

<症状>
● 肩コリと首コリがひどい。
● 1日中の立ち仕事で背中から腰にかけてが重だるい。
● 休日は出かけたいが、疲労感が抜けず家で寝てることが多い。
● 首を回すと『バリバリッ』と音が鳴る。
● 顎のかみ合わせが悪い。

【治療前】         【治療後】 頚椎カーブを正常に矯正し改善報告

<症状の変化>
● 首も肩もコリ感はなく、無症状。
● 背中のツッパリ感が消えて、腰への負担が少なくなった。
● 仕事が終わっても疲労感が残らなくなった。
● 首の『バリバリッ』という音が鳴らなくなった。
● 顎の噛み合わせが良くなり、力強く噛めるようになった。 ——————————————————————————————————————————————-

【52歳 女性:職業 自営業】

<症状>
● 左手にしびれがあり、腕をあげるのが痛い。
● 医者から痛み止めをもらって飲んでいるが効かない。
● 近くの整骨院で電気を当ててもらっているが効かない。
● 左肩だけ凝った感が強くある。
● 力が入りにくく、左手で皿やフライパンを持つことが出来ない

【治療前】         【治療後】 頚椎の捻れを矯正し改善報告

<症状の変化>
● 左手のしびれ感が減り、ほぼ気にならないようになってきた。
● 痛くて上がらなかった腕が、棚の上まで届くようになった。
● 痛み止めも飲んでおらず、整骨院にも通ってません。
● 肩コリがいつの間にか消えていた。
● 左手に力が入り、重たい物も持てるようになった。


痛みの原因を特定する:レントゲン検査

レントゲン検査で骨格の歪みをチェック!

どこへ行っても、何も変わらない・・・変わった、と思っても時間が経てば、また元のシンドイ状態に逆戻り。それってホントに『変わった』『良くなった』と言えますか?


良くなるスピードには個人差がありますが、良くなる状態は、みな一様に右肩あがりです。

右肩上がりで改善するのが良い状態

つまり、「元に戻った」状態は【良くなっていない】ということになります。ナゼ、良くならないのか…?


それは…原因を特定できてないからです。

痛みの原因を確認することが症状改善への第一歩

原因を特定するには検査が必要です。



骨格矯正サロン とうせんきょうでは「再発する痛み」や「何を試しても変わらない症状」でお困りのお客様に根本治療をご案内しております。提携先の病院・クリニックでレントゲン検査を受け、医師の所見を頂いた上で身体バランスの基礎となる骨に『歪み』がないか、をアナタに見て確認して頂くところからすべてが始まるのです。

自分で自分のレントゲン写真を見ることでガッテンわかる!

「正常な骨格のレントゲン写真」と「アナタの現状を示すレントゲン写真」とを比較分析して、痛みや症状との関連を丁寧かつ明確にお伝えします。

*【レントゲン分析説明の価値】下記参照

また、アナタ自身が気づいていない身体バランスの異常や痛みとして認識していない過度な負担、そして・・・

近い将来に起こりうる症状を予見し予防する近い将来に起こりうる『病気』や崩れていく『姿勢』の様相を、レントゲン写真に基づいて実際にご覧いただき、未然に防ぐための手段をご提示します。


アナタの骨格の状態を症状に照らし合わせて分かりやすく解説させて頂くことは正しく治療を進めるにあたって最も重要なことであり、今後、痛みに悩まされることなく、健やかに暮らしていくために何よりも意味と価値のあることです。


レントゲンを見ながら骨格の状態を症状に照らし合わせて分かりやすく解説

原因治療:レントゲン分析説明の価値

最も大切なことは…

安全で正確な治療を提供すること。

 

そのために必要なのが、『レントゲン写真』と『その分析』。現在のアナタの骨格を明確に写し出したレントゲン写真を一緒にご覧いただき、痛みや症状の原因を正確に突き止めて治療します。


レントゲンを見ながら骨格の状態を症状に照らし合わせて分かりやすく解説

症状や痛みの多くは骨格の歪みによって生じていることが統計学的に分かっています。


*下図参照:【骨】と【関連する臓器と症状】の一般統計表

骨の配列に異常がある場合(歪んだり、変形している場合)その骨が司る臓器に対して、連動した症状や不具合が発生します。逆もまた同様に、症状や不具合の状況から潜在的な骨の配列異常箇所を特定することが可能となります。


つまり・・・『耳鳴り』がヒドイ方はC2(頚椎2番)の配置に問題があったり、『喘息や呼吸困難』でお困りの方は、T1(胸椎1番)に配列異常が見られるということなのです。では、アナタがお悩みの症状は、どの骨に該当していますか?


【骨】と【関連する臓器と症状】の一般統計表

残念ながら、身体の外から見ただけ・触っただけでは『骨の歪み』を正確に把握することはできません。


なぜなら、カラダの中にある骨のことはカラダの中を覗いてみないと正確には分からないからです。だからこそ、レントゲン検査が必要になるのです。


そして、結果を変えたい(症状を改善したい)と思っているなら、アナタ自身が原因となる『その骨の歪み』に気づく必要があります。レントゲン撮ってきて頂く「首・背中・腰・骨盤」の写真はアナタの身体の青写真であり、原因究明の「宝の地図」です。


レントゲン写真は症状の原因究明の「宝の地図」です

レントゲン写真を見ても一般には分かりにくいため、分かりやすく解説します

ところが、宝の地図であるレントゲン写真を見たとして何をどう見たら良いのか?』『何が正しくて、何が間違っているのか?』… なんて、よく分からないという方が大多数の言い分です。


とうせんきょうのレントゲン分析説明ではそんなアナタの疑問をすべて解消しつつ、一緒に地図を読み解き、症状の原因となる「お宝のありか」へ順序立てて丁寧に導かせて頂きます。


【骨】と【関連する臓器と症状】を理解すると自分のカラダの状態がわかります

症状の原因を知らずに、施術方針の明確な説明も無く言われるままに施術をうけていてはいけません!何の根拠も無く、知らない誰かに身を預けることはとても「危険」な行為です。


レントゲン写真は、
アナタの症状の原因となる証拠を示し、
健康なカラダを取り戻す指針と根拠になっています。


そして、レントゲン分析説明は、これから始まる矯正治療が『安全』かつ『正確』に症状の原因へとアプローチしていくものだ、とアナタ自身が理解し、安心できる論拠となることでしょう。


納得できるまで自分自身の状態を「知る」ことができ、安心して治療を受ける準備を整えることができる、それが分析説明の価値なのです。


自分の状態を「自ら」が知るということが症状改善に不可欠なことです

原因治療:治療方法の概要

自分の骨格が歪んでいることを目で見て確認!

レントゲン写真で、ご自身の『歪み』を確認して頂いたら骨を元の正しい位置に戻す作業が必要になります。では、どのように歪んだ骨を矯正していくのか?


『骨格矯正サロン とうせんきょう』では、デコボコをたたくようにして徐々に骨の配列を補正します。イメージとしては、「だるま落とし」の要領でまっすぐの配列から、はみ出たコマをコンコンとたたいて元の正しい位置に誘導していくのです。


歪んだ骨の配列を戻すには、首や体をねじってバキバキ言わせても効果がありません。また、レントゲン写真で状態を確認できていない施術は、誤った骨にアプローチすることになり、とても危険です。


レントゲン分析説明で自分の骨の歪みを確認しているアナタには、どの骨をどの方向に動かして戻していくべきか、が分かっています。あとは実際に正しい場所に正しい刺激を入れて骨を正しい位置に誘導していく作業を繰り返すだけです。


それは言わば、アナタの骨格にだけ適用される『構造改革』。


骨格の歪みを正確に把握し、状態に合わせてキチンと矯正

レントゲン写真には【答え】が写っています。その【答え】にしたがって、骨を元の位置に正しく誘導するだけのことなのです。【答え】を見ながら問題を解いているようなものですから、間違えようがありません。


レントゲン写真に写る歪みを確認して、正確に矯正治療を施術

原因治療:「5つの特徴」と「改善の根拠」

< 10分革命!> スピードと正確性の勝負

骨をバキバキ言わすのは【危険】です。
骨を動かすのに時間をかけるのは【時代遅れ】です。

—————————————————————————————————————————————————–

『原因治療:ピアーステクニック』は、これまでの治療とまったく違う方法で骨格の状態を正しく導き『現在の症状改善』『将来の症状予防』を実現。


<特徴>
① 治療時間は・・・ およそ10分
② 骨を射抜くスピードとキレは・・・体感時速120km
③ 矯正刺激の効果と成果は・・・
民間療法の9倍 ↑
④ レントゲン検査による骨の歪み確認の
正確性
⑤ ピアース・テクニック専用230ベッド の使用


① 治療時間は・・・ およそ10分

骨格は積み木が縦に積み重なったような構造をしています。その積み木の配列を正しく整えるためにはだるま落としのコマを射抜くようなスピードとキレが必要です。


ダルマ落としの要領で歪んだ骨に刺激を与えて、正しい場所に誘導する

実際は、骨と骨は関節を作っているために骨がコマのようにすっ飛ぶことはありませんが骨を動かすには刺激としての「勢い」はとても大切な要素です。


時間をかけて骨を押したところで骨は動きません。骨同士が関節し連結しているため、どれだけ長く強く押ししたところで「しなって」しまい衝撃が吸収されてしまうのです。


ピアース・テクニックでは、最初に骨をしならせて衝撃が逃げない状態を作ってから歪んだ骨だけを的確に射抜いて元の位置に戻していくのです。


② 骨を射抜くスピードとキレは・・・体感時速120km


骨を射抜くスピードは初速で120km/h (体感)です。

カワセミが魚を取りに水中へ飛び込むスピードよりも早く、歪んだ骨を打ち抜いて整えます。


矯正治療はスピードとタイミングと正確性が重要です

これまでの施術経験が積み上げたキレにスピードが加わって骨を正しい位置に導きます。


③ 矯正刺激の効果と成果は・・・民間療法の9倍 ↑


民間療法に比べて9倍早い改善を期待できるのはワケがあります。


一般に、民間療法での治療は「症状」が現れるのにかかった時間の3倍の時間がかかる、と言われています。薬を塗ったり、湿布を貼ったり、マッサージをしたりストレッチや柔軟をしても思うように改善はしていきません。慢性の肩コリ・腰痛など、ダマシだましでほとんど一生付き合っていくような感覚になります。


一方、ピアーステクニックによる原因治療は、通常の3分の1の治療期間で改善を期待できます。普通なら、3年かかるところを1年で変化していくわけです。つまり、民間療法より3×3=9倍も早く状態に変化が訪れることになります。


④レントゲン検査による骨の歪み確認の正確性


レントゲン写真で「歪みを確認」していただくので根拠のある治療を提供できます。

言わば【答え】を見ながら治療を導いていくので当然、結果がともなうわけです。

レントゲンを撮影しに出かける手間がかかりますが、それはアナタの身体を大切に思うからこそ必要な工程なのです。


レントゲン撮影に出かけるのは手間ですが、その手間を惜しんで横着すると期待する結果が出にくいものです

当てずっぽうな判断で「ここが歪んでますね」や「足の長さが違いますね」「骨盤がズレてますね」と言って適当に施術をする治療所とは違うのです。『骨格矯正サロン とうせんきょう』では、正確性を重視してアナタの身体に正しくアプローチしています。


⑤ ピアース・テクニック専用230ベッドの使用


上記すべての要素を体現させるために必要なのが230ベッドです。

レントゲン写真で骨の歪みを正確に割り出し、正確に矯正治療を施します

このベッドの最大の特徴は頭を置くパッド部分が左右の傾きと回旋に対応している点です。

つまり、どのような首の歪みに対してもどの角度にも頭を振ることができる、ということです。


また、体感時速120kmの矯正刺激を必要十分に緩衝する安全装置も完備しているため、歪みをもった骨だけに作用するしくみになっています。


巷にあふれる【矯正治療】と呼ばれるものの「特徴」も「良さ」も分からない現状にあって、骨格矯正サロン とうせんきょうでは『お客様が見てわかる治療』+『効果を実感できる治療』を提唱し、満足のいく結果を提供することに心血を注いでいます。


● 忙しくて時間が都合できない・・・
● 効果が思ったほど感じられない・・・
● 正しい治療を受けている実感がない・・・ など

お困りになっている際は、お問い合わせを頂ければ幸いです。

contact_txt