安心してください ストレートネック 元に戻りますよ!

ストレートネックは元に戻せます!

ストレートネックが原因の頭痛・首痛・肩こり

「首が痛くて・・・」
「肩が痛くて・・・」
「頭痛がひどくて・・・」
「めまいや吐き気がして・・・」

といったお悩みから 病院で診てもらった際に『ストレートネックですね』と言われたことがありませんか?

ストレートネックと言われる

ストレートネック って??

【ストレートネック】:首の骨が真っ直ぐな状態

ストレートネックが首コリ・肩こりの原因になっている

病院の先生に詳しく聞きたかったのに対応が事務的だったり、順番待ちの患者さんがいて遠慮したりで、よく分からない・・・なんてことはありませんか?

病院でストレートネックを尋ねても詳しく教えてもらえない

症状の改善を期待して受診したのに、これといって治療をしてもらったわけでもなく、薬だけもらって帰ってきたことはありませんか?

ストレートネックは薬では治らない

「原因はストレートネックですね」って言われただけで・・・何かが解決した感じはありますか?それで暮らしがラクになりますか?

ストレートネックってどうなってるの?

ネットで検索をしても、結局は何かの解決になるようなページは少なく、ストレートネックの解説や説明だったり、ストレートネック専用枕の販売だったりと 症状の改善や本格的な治療につながる情報にヒットすることは意外に少なかったりします。

アナタが知りたいのは、要するに・・・


● どうしたら、ストレートネックが直るのか?
● どこに行けば、ストレートネックが直るのか?
● ストレートネックを直せば、痛みや症状のない生活を取り戻せるのか?
ということですよね。


結論から言うと、ストレートネックは元に戻ります。

ストレートネックは元に戻ります

とうせんきょうでは『ストレートネックの矯正治療』をさせて頂いております(詳細は下記参照)。そして、ストレートネックが原因で生じている痛みや症状であれば、首骨の配列を正しい状態に戻すことで痛みや症状も比例して改善します。

ストレートネック矯正とダルマ落とし

では、どのように直していくかというと・・・イメージ的には「ダルマ落とし」が近い感じです。真っ直ぐに積み重なったコマを叩いて横へ移動させるように、ストレートになっている首骨の配列を叩くようにして刺激を入れて首にカーブをつくって戻していくのです。

それは、外力を加えて「楔(くさび)」を打ち込む感じにも似ています。首がストレートネックになっているということは、もともとカーブのあった首骨が配列を乱して(カーブを崩した結果、ストレートになってしまっているため)後方に飛び出した状態になっているということ。後方に飛び出した骨を楔を打ち込むように刺激を加え、元あった場所に戻すことで首カーブを作り出していくのです。

ストレートネックは骨を打ち込んで治療する

ストレートネックを直すためには矯正治療が必要です。

首骨の矯正は、歯列矯正に似ています。例えば、歯並びの悪い方はキレイに整えるために、まず歯医者さんに行って歯並びを確認してもらい個々の歯並びに応じて、銀色の矯正器具をガッチリと装着することになりますよね。

ストレートネックを直すには矯正治療が必要です

歯並びのデコボコを一列に正しくキレイにそろえるために、強い力で歯を縛って負荷をかける必要があります。それも長時間・長期間にわたって・・・。そして、ようやく歯並びがキレイになってくるわけです。ストレートネックの矯正も同様の手順で正しく改善します。

ストレートネックの矯正

まず、 レントゲン写真を拝見して、ストレートネックの現状を(骨の配列・ねじれ・傾き)の明確に把握します。つまり、どの骨が本来の配列からズレているのかを確認するということ。どこが悪いのか、が分かっていることでストレートネックを作り出している骨に正確にアプローチができます。

レントゲンでストレートネックを確認

次に、正しい条件の下に首の位置を整えて、骨に矯正刺激を加えてストレートネックを本来あるべき元のカーブに戻していくのです。実際は、歪んだ首を身体の中心線上に動かして固定、またストレートになっている首に一時的にカーブを作った正しい状態で固定し、そこにダルマ落とし的な刺激を加えて骨を正しい位置へ動かすわけです。

この作業を繰り返していくことで、ズレて歪んだ首骨がカーブのあった正常ラインまで正しく押し込まれて元に戻るのです。要するに山を叩いて平地にする感じです。

『刺激を繰り返し入れていく』というところが歯列矯正とは異なるところ。歯列矯正では銀色の装具でガッチリと歯並びを正しく固定しますが、人の首骨に装具をつけてカーブを作った正しい状態を固定矯正することはできません。しかしながら、歯列矯正の矯正力と同じような負荷を首骨に刺激として加えていかないと配列を崩した首骨・ストレートネックは直りません。

そこでストレートネックの矯正は、刺激の【質】として歯列矯正のような持続的な強い刺激ではなく「瞬間的な強い刺激」を加えることで歯列矯正と同じような矯正力を発揮させていくことになります。手技によって配列から外れた首骨を小突いて押し戻す感じです。1回小突いただけでは骨は動きませんから、これを繰り返し行うことでストレートになった首骨を正しいカーブ位置へ誘導するわけです。

ストレートネックに矯正刺激を加える

ストレートネックを直すべき矯正力は、後方から前方への縦方向への刺激となります。プラスチックの下敷きを思い浮かべて頂けると分かりやすいでしょう。クニィ~と曲げるには、両手で持った下敷きに対して、後方から前方へと力を加えなければいけませんね。

下敷きを曲げるのと同じように人の首骨の上下を持って曲げることはできませんから、実際はストレートになった首骨を後方から前方へ送り込むようにして小突いていくわけです。

これがストレートネックを矯正し、ストレートネックによって出ている症状や痛みから解放される方法です。

ストレートネックを元に戻す力

ここで注意して頂きたいのが、バキバキと音を鳴らしながら首を捻るタイプの施術です。首を捻ることでストレートネックが直ると主張していますが、これは真っ直ぐの下敷きを捻るようなものですから、単に首がねじれるだけでストレートネックにカーブをつけることにはなっていません。

ストレートネックを戻す力と方向は『後方から前方へ』以外にはありませんから、バキバキと捻るタイプの施術を受けている方は考え直していただくのが最善です。首骨・関節を磨耗させるだけでなく、新たな歪み(捻れと傾き)を作り出す恐れもあり危険です。

バキバキ施術でストレートネックは直らないし、むしろ危険!

ストレートネックを矯正して正しいカーブに戻すにあたって、やっぱり少し時間がかかります。前述のように、ストレートネックを直すには繰り返し刺激が必要だからです。「後ろからズレた骨を小突く」という、方法としては簡単に思えるストレートネックの治療ですが、実際にはコチラが期待した通り簡単に骨は動いてくれません。「え?? じゃあ、ストレートネックは治らないの?」

ストレートネックは治らないの?

いやいや、大丈夫です。ストレートネックは改善します。ただ、口で言うほど簡単に骨は動かないということであって、ストレートネックが正常に戻らないということではないんです。もともとは正常であった首のカーブ(弯曲)が崩れ動いて ストレート(まっすぐ)になってしまうくらいですから骨は必ず動きます。ただ、1回・2回で触ったくらいですぐに直るわけではないということです。

パソコン作業やスマホいじりでストレートネックが悪化

パソコン作業やスマホいじりなどにより、 首を前にもたげた悪い姿勢が日常化して徐々に形を変えてしまう首の形。それが【ストレートネック】。稲穂が実をつけて頭を垂れたようなその姿勢は、首元に多大な負荷(荷重)を加えます。

負担増でストレートネックが促進

長時間そして長期間にわたって負荷がかかることで首は少しずつ本来あるべき形を失い、間違った場所でカチカチに固定されていくようになるのです。こうなると自発的に姿勢を正そうとしても、柔軟性を失った首は自分が思った正しい場所には入ってきてくれません。

姿勢が崩れてストレートネックになる

ストレートネックを元に戻すためには、前につっこんでしまう頭を身体の中心へ引き戻し、『立位の状態』で頭が首骨の真上に乗るように整える必要があります。

それには、柔軟性を失ってストレートになった首に第三者的な矯正刺激を加えて、カチカチになった首の関節を緩める必要があり、そして正常なカーブを作り出すことが求められます。つまり、矯正刺激を投入してストレートネックを弯曲させると同時に、テコの原理を利用して頭が前方から後方へと反動で跳ね返ってくるようにすることで頭と首を身体の中心線に乗せるのです。

ストレートネックを正しく治療させて頂くことで、姿勢自体が改善し、また首・肩周辺の筋肉への負荷を解消することができるようになります。

枕でストレートネックは治らない

ストレートネックを直す枕があるようですが効果は不確実です。そもそも、起きて生活している時間が長いので就寝時に『寝ころんだ状態』で首枕をして カーブを作るようにしたぐらいでは、ストレートネックの改善するには時間的に不十分です。また、カーブを失い、柔軟性を失ったストレートネックは下敷きのような柔らかいものではなく、鉄板のように固い状態だと言えます。

枕に鉄板を乗せても、枕がヘタってつぶれるだけで首にカーブは作られないのは想像できますね。鉄枕のようなモノに首を乗せれば枕の形は維持できますが、固いものに固いものがぶつかって痛いだけで首の形を変える刺激にはなりません。寝ているときに枕を首に当てているだけではストレートネックは改善しない、ということに相当します。

まずは鉄板のように固くなった首骨を下敷きのように柔らかくするところからストレートネックの治療が始まります。鉄板をカナヅチで叩いていけば、鉄板は自然と曲がっていくのです。こうやって固くストレートになった首の関節を柔らかくした上で、のして伸ばしてカーブをつけて正しく頭を支えられるように整えるのが本当のストレートネック治療なのです。

ストレートネックを直すには骨を前方へ叩き込む必要があります

いずれにしても、矯正治療をして骨格構造を正しく戻せば姿勢を正しく維持しやすくなり、お悩みの症状は緩和し、ストレートネックは改善していきます。

<<<ストレートネックが改善したお客様の喜びの声>>>

横浜・関内・馬車道の骨格矯正サロン「とうせんきょう」では、「ストレートネック」に関するお悩みの原因を【骨格の歪み】に合わせて解決します。

詳しくは →→→ 【真鋭の原因治療・方法】

お問い合わせはこちら

ストレートネックの脅威

ストレートネックの危険性

『ストレートネック』という言葉が世間一般に定着し、標準となりつつあります。今や10人中の8人は聞いたことがあるようです。しかし、その8人のうち『ストレートネックの危険性』を知る人は1人です。

アナタはご存知ですか?アナタ自身を蝕(むしば)んでいる「ストレートネックの恐怖」を?今すぐに、どうなるということもありません。ただ、何年か先にカラダは「病んでいる」ことでしょう・・・。

ストレートネックの恐怖

首が重い、肩が張る、背中がだるい、腰が痛い、膝がつぶれる、足が浮腫む・・・といったことは、もちろん多くの内臓疾患を招く恐れがあります。

気管支炎、ぜんそく、扁桃腺炎、肺がん、肝機能不全、胃潰瘍、胃癌、腎障害、腸閉塞、大腸炎、泌尿器不全、月経不順、足の冷え、坐骨神経痛や静脈瘤に至るまで挙げれば、どのような病気にも結びついてしまう基本の基本を「病んでいる」わけです。

なぜか?

とても簡単なことです。私たちの行動を司るのは「脳」であり、脳から指令が手足指先に届く中で最初に通る「首」が障害をうけているからです。ストレートネックによって首の骨配列が崩れるため神経の伝達経路も崩れてしまうことになり、各臓器器官に上手く指令が届かず機能しなくなるのです。

例えば、伝言ゲームを思い浮かべてください。最初のメッセージが「パプアニューギニア」です。次の人が「パパは牛乳屋」と聞き間違えました。その次の人は、どうなるでしょう・・・?

ストレートネックによる伝達障害

当然、間違ったメッセージが続きます。どこか途中でさらに聞き間違える人がいれば、最後の人に正しいメッセージが届くわけもありません。

ストレートネックによって首の骨配列が歪んでしまい、脳から出た指令内容(メッセージ)が首から下にある臓器に正しく届いていないということになります。すると当然、本来の機能が失われ、機能障害や機能不全を起こします。したがって、上記のような様々な症状を引き起こしてしまうことになるのです。

ストレートネックの弊害

『ストレートネック』とは・・・本来ある首のカーブが失われてまっすぐに変位した状態のことです。首にカーブが無くなることによって首骨が持つバネ機能が失われ、支えている頭の重さがストレートに負荷となってしまうのです。頭の重さが平均6kgですから、1ℓの牛乳パック6本分の重さがストレートに首肩に圧し掛かり姿勢全体を前傾に崩してしまうことになります。かなりの重さがかかっているのが分かりますね。

ストレートネックが首肩に圧し掛かり姿勢全体を前傾させる

ストレートネックは猫背の元凶 ストレートネックによる姿勢の型崩れ

カラダが前傾姿勢なるということは、頭が落ちて首が丸くなり背中が丸くなって腰が丸くなり、肩が内巻きに入って卵型になってしまいます。これにより、内臓の配列障害が生じるのです。

ストレートネックがもたらす内臓配列障害

本来の正しい姿勢では背中がシュッと伸びている状態です。この状態の時に内臓は正しく配列され、正常に機能しています。上から「肺」「胃」「腸」「泌尿器」「生殖器」といった風に並んでいるわけですが・・・ストレートネックによって首骨のカーブが失われると、背中が丸くなってしまい体全体が「く」の字に折れることになります。

「く」の字の曲がり角には「胃腸」がありますね。特に、胃は圧迫を受けた状態になります。すると、胃は膨張しながら食べ物をモグモグ消化できない上、胃酸の分泌障害も起きてしまい消化不良が起きやすくなるわけです。機能不全により食べ物のカスが溜まってしまえば、虫歯が歯を溶かすように胃に潰瘍が出来たり、ガン発生にまで結びついてしまうこともあります。

腸も同様に動きが悪くなり、便秘がちになったり栄養吸収が悪くなりカラダに栄養が行き渡らなくなってしまいます。腸内細菌が悪戯をしやすい環境が整い、ポリープが出来たり、ガンが出来たりもするのです。

ストレートネックによって呼吸が苦しくなる

また、首が前に落ち、両肩が流れることで胸がへこみ、肺が上から蓋をされて押しつぶされた状態になりますね。肺は空気が出入りすることで風船と同じように膨張します。上から押しつぶされた状態で下には胃があることから肺は十分に膨らむことが出来ません。気道が狭くなったり、肺が膨らみにくくなれば喘息が起きることもわかっています。

猫背の状態は本来の定位置で仕事をしたい「肺・胃・腸」の行き場を失わせ下にある泌尿器や生殖器の場所にまでせり出し負荷をかけるようになります。

ストレートネックが内臓臓器に過度な負担を与える

当然、場所を占拠されるようになった泌尿器や生殖器にも障害を与え、本来の機能が失われるようになります。時として、腎不全や子宮内膜症、前立腺ガンにまで至ります。

ストレートネックによって子宮が歪む

ストレートネックになることで頭の重さを支える機能を失った首がその負荷に耐えきれず、首以下の内臓臓器に過度な負担を与えることは自明の理ですね。

ストレートネックの身体への影響とメカニズムがわかったところで、あとは・・・ストレートネックを元の状態に戻すだけです。

ストレートネックを元の状態に戻す

安心してください、ストレートネックは正常に戻ります!詳しくは、お問い合わせを頂いてからのご案内になります。ご連絡をお待ちしております。

<<<ストレートネックが改善したお客様の喜びの声>>>

横浜・関内・馬車道の骨格矯正サロン「とうせんきょう」では、「ストレートネック」に関するお悩みの原因を【骨格の歪み】に合わせて解決します。

詳しくは →→→ 【真鋭の原因治療・方法】

contact_txt

ひとりで悩まずに、まずはお問い合わせ下さい

〒231-0007
横浜市中区弁天通4-53-2
045-226-4578

<営業時間>
【月水金】AM7:30 〜 PM7:30
【火】AM7:30 〜 PM12:30
【土日】AM8:00 〜 PM12:30
  ※予約状況により変更あり
【定休】 木曜・祝祭日