左のおしりの痛みは筋肉痛

左のおしりが痛いとお客様がご来店になりました。伺うと・・・2年前からずっとおしりが痛い状態が続いているとの事。2年前の当時、整形外科に行って診察してもらうと『坐骨神経痛』という診断を受けたとの事。牽引してもらって湿布を処方されて終了。その後、いろいろな場所で治療を受けてきたそうですが、おしりの痛みは改善しなかったようです。一時ほど酷い感じではないですが、それでもデスクワーク中に急におしりがピキッっと痛くなり足にシビレが出ることもあるようで気が気でないとのこと。おしりの痛みではなく、骨格の歪みに由来するのでは?と思って当店にご来店いただきました。

実際に拝見させて頂くと、左股関節+左臀筋がゴリゴリに凝っています。当方の見立てでは、ただの筋肉痛。もちろん、骨格の歪みもあるのでしょうが・・・今回のケースは立ち癖によって出来ている筋肉痛と判断しました。とりあえず疲労している箇所にを緩めることに。小道具で核となっている部分を解除し、小技を効かせた臀筋ストレッチでおしりをストレッチ。すると、見る見るうちに固くなっていたおしりが柔らかくなっていきます。立ち上がって頂くと「うわっ、軽っ!!」と重く痛かったおしりが軽くなり、歩いている感じが変わったようです。

結局、お客様が求めているのはおしりの痛みの解消だったので、骨格矯正はオススメせずに終わりにすることにしました。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 TOMOTAKA EBATA

ひとりで悩まずに、まずはお問い合わせ下さい

〒231-0007
横浜市中区弁天通4-53-2
045-226-4578

<営業時間>
【月水金】AM7:30 〜 PM7:30
【火】AM7:30 〜 PM12:30
【土日】AM8:00 〜 PM12:30
  ※予約状況により変更あり
【定休】 木曜・祝祭日