あぐらは両膝がペッタリと床につくもの

あぐらが浮く

「そう言えば、長い距離を走っていると右股関節が痛くなってシンドクなっていたのを思い出したわ。」そう語るお客様は、特に日常生活に支障を感じてはいませんでした。

お客様の身体の状態を拝見していると右臀部にひっかかりがあるのを見つけ、気になり具合を尋ねてみると上記のようにお答えになったわけです。

左右の股関節を曲げ比べて違いがあるのを確認して頂きます。右股を動かしていくと途中でひっかかります。今度はあぐらをかいて頂くと、右膝が浮いてしまい上手にあぐらがかけていないことを指摘。「みんなこうなるんじゃないの?これがフツーだと思ってた・・・」とお客様が言います。

あぐらは両膝がペッタリと床につくものですよ、と説明して股関節に異常があることを認識して頂きました。股関節周辺での引っかかりを解消して自分で足を回し動かして頂くと・・・

「なんか、お尻が軽いわー」とお客様がビックリ。もちろん、股関節はひっかかりなく円滑に動くようになっています。そこで再び、あぐらをかいて頂くと・・・先程まで浮いていた右膝がペッタリと床に付くようになりました。

股関節の動きに左右差があると立っているとき、歩いているときに上体を支える負荷加減が異なると同時に足元から身体に突き上げてくる衝撃も異なります。その瞬間・瞬間では身体は負荷と衝撃の差を感じませんが塵も積もれば山となる状態で、歳を重ねて時間が経過してくると腰・股関節および膝に大きな左右差が発生し、負担となって感じるようになるでしょう。

昨今、多くの高齢者が腰・股関節・膝に症状を抱えて生活に支障が出ている現状は、若い当時の身体バランス崩れ・左右差による負荷の積み重ねが起因になっていることも看過できません。将来起こりうる痛みや身体の不自由さを今、分かっているうちに手入れして未然に防ぐことはとても有益なことです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 TOMOTAKA EBATA

ひとりで悩まずに、まずはお問い合わせ下さい

〒231-0007
横浜市中区弁天通4-53-2
045-226-4578

<営業時間>
【月水金】AM7:30 〜 PM7:30
【火】AM7:30 〜 PM12:30
【土日】AM8:00 〜 PM12:30
  ※予約状況により変更あり
【定休】 木曜・祝祭日