衝撃波の数だけ、体の調子が上がってくるのが即座に確実に実感できる

【矢野 龍剣様 / 横浜市】

20年近くの消防人生において、体のあちらこちらから悲鳴を上げていました。無理な体勢での消防活動の積み重ねが、もともと姿勢の悪い私の体の隅々まで痛みや不快感等の症状を引き起こしました。これからの人生を送る上で、少し大げさに言えば絶望感が漂っていました。

ふりかえれば、体のメンテナンスを意識的に行い、今まで無数の治療院・整体院・整骨院・カイロプラクティックを定期的に通い、体の調子を整えていましたが年齢を重ね対処的な療法では自分の体をだましきることができませんでした。

特に自覚症状として顕著に表れたのが、①右顎のジャリジャリ音、カックン音、ニチャニチャ音等の不快な音と、②二男を肩車することにより発生した頸部のつまり感です。本当にこの2点については、消防活動をするうえでパフォーマンスを下げ、一時気は仕事を辞することを考えるくらい深刻な症状でした。それを克服するために姿勢に関する書籍を乱読し、通信販売で姿勢矯正グッズを買い漁り、整形外科・都内のカイロプラクティックをはじめ無数の病院、治療施設の門をたたきました。ありとあらゆる手段で何とか乗り越えようとしましたが、満足のいく結果を得ることはできませんでした。

そのような状況で、とうせんきょうに本当に運良く巡り合うことができました。もう一度いいます、本当に運良く巡り合うことができました。

結論から言うと、今までの対処療法とは一線を画す治療の仕方で体を施術していきます。その内容は下記のとおりです。

1 )レントゲン撮影による今の体の状態の見える化・数値化
レントゲン写真を元に症状の見える化・数値化を行い、懇切丁寧に熱量をもって今の体の状態を説明してくれ、納得させてくれる。(今までの治療院等はすべて感覚とか一般論やその人の主観を元に説明してくれるので、ふんわりしていて結局なんだかよくわからない。)

2 )日常生活における姿勢の指導
結局のところ、大事なのは治療後、日常の生活をいかに丁寧に送ることが大切であることを時間と熱量をかけて説明して意識付けを行ってくれる。

3 )柔軟の重要性へのマインドチェンジ(ここは特に重要)
長年、筋肉筋量はすべてを解決すると思っていました。しかしながら鍛えた結果として、体の柔軟性が失われ、そのことが姿勢の悪さへとつながっていたことをここでの治療をとおして痛感しました。目標・目的があってのワークアウトであること、そして、ベストパフォーマンスのためには、筋肉至上主義では限界があることを知りました。これは消防官として長年勤めてきた私にとっては人生の転換点でした。

4 )衝撃と鍼の数だけ体は甦る(ここも重要)
これは率直に言って、人によってこの治療法との相性があると思います。骨格矯正の施術にはそれなりの衝撃波も感じるし、鍼治療はときには瞬間的ではありますがビリビリと電気を感じることがある。痛みとは違うが、それなりに腹をくくる必要がある。しかしながら、確実に治療回数を経るごとに、柔軟性は上がり、体の調子は上向きになっていきます。正直、治療後はふらふらになることもありますが、その状態を乗り越えていくことによって自分の体が良い方向へ向かっていくことを毎回感じます。今現在、右顎の音は消失し、首のつまり感も大分軽減しています。

<最後に>
おそらくこの文章を読んでいる人は、真摯に自分の体に向き合っている人だと思います。とうせんきょうは保険もきかないし、施術料金も人によっては高いと感じる人がいるかもしれません。しかしながら、私は人生を投資と考えたとき、まず何よりも自分の体に時間とお金を投資し、整えていくことが質の高い自分の人生を歩んでいく上で必要不可欠だと思います。何かを変えていくためには、まず何よりも行動を起こすことが大事だと常に思います。この文章が皆様の思考の一助になれば幸いです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021 TOMOTAKA EBATA

ひとりで悩まずに、まずはお問い合わせ下さい

〒231-0007
横浜市中区弁天通4-53-2
045-226-4578

<営業時間>
【月水金】AM7:30 〜 PM7:30
【火】AM7:30 〜 PM12:30
【土日】AM8:00 〜 PM12:30
  ※予約状況により変更あり
【定休】 木曜・祝祭日