鉛を背負っているかのような肩・背中が軽やかになった!

【 保坂 美香 様 / 港区 】お客様の喜びの声:長年の肩こりが改善;事例・保坂美香様

「肩コリ」という言葉を知る前、記憶に頼ればランドセルをしょっていた児童の頃から肩に痛みを自覚していました。そんな頃からとうせんきょうさんに通う数ヶ月前まで、慢性的な肩コリに加え、年を重ねるにつれて、寝不足の日は特に、鉄板をしょっているような症状に悩む日々が続いていました。そんな日は、一日鉛の身体を引きずるようにして時間をただただ過ごし、退勤と同時に帰宅するか、気休めと知りながらマッサージへ通う日が増えていきました。血行を良くしようと運動やストレッチ、ジムへ行って自分なりにできることを試みたものの、改善はみられませんでした。寝ても覚めてもコリの痛みがつきまとい、いつも気分は曇り空のようで、今思えば気分が晴れた感覚ということさえ、忘れかけているような日々が、長きにわたり続いてきました。そして職場では、金属のツボ押しマッサージ棒をいつも肩へ掛けてる滑稽な様子が、周囲からも不自然に思われないほど日常の姿となっていました。

そんなある日、肩コリと手のしびれに悩んでいた友人がこんなことを言うのです。「肩コリがなくなったんだ。何だか気分も軽やかだよ」そのとき「き・ぶ・ん・も・か・ろ・や・か」…その言葉が私の脳裏にリフレインしました…コリと張りが原因で、鉛を背負っているかのような私も、とにかく軽やかになりたいっ、という一念でとうせんきょうさんへお世話になることになりました。友人からとうせんきょうさんの連絡先をおしえてもらうなり、電話していました。症状を話すと、すでに初めの電話でカウンセリングさながらの丁寧な対応に、ここは他とは違うなという印象がありました。東京勤務の私が関内にあるとうせんきょうさんへ通うために、仕事が確実にあがれるであろう日を決めて、最初は10日後に予約をしました。しかし再度電話をして、どこか割り込める時間帯がないかを調整するくらいに、当時肩コリに苦しんでいたことを、今この体験記を書きながら思い出した次第です。

私の場合は、背骨の側弯症がありましたので、骨の配列から改善するべく「原因治療」を選び、関内へまず初めは10回のコースに通うことを決めました。治療は、他の治療院とは明らかに違い、最初は本当に驚きましたが、何故だか関内への通いに一度として苦痛に思うこともありませんでした。事実、治療後、関内を出る頃には、ピンと張っていた筋肉や身体全体が緩んで、楽になったぁ…という実感が、治療の度にあったからなのだと思います。それには、江畑先生の専門性の高い知識と治療の技術に加え、不調で苦しんでいる患者に対して「絶対治してあげたい」という信念に患者として支えられているからだとも思いました。「一緒にがんばりましょう」という、患者に寄り添う姿勢、そして妥協ないその姿勢は、プロフェッショナルとしてのあり方さえ感じます。

今では、背中にあった大きな鉄板もとれ、行儀が良くないと分かりながら、ずっと辞めたかった首をならす癖もすっかりなくなったのです。ツボ押しマッサージ棒も最近ではすっかり机の引出しに眠っています。以前にはなかった軽やかになった感覚をお伝えするのは難しいのですが…痛みのない身体は、カラダも気分が軽く、以前より物事を前向きに捉えられたり、よい判断ができたり…よい感覚、よい心のありようで過ごせるように思います。本当の意味で、仕事もプライベートも、心から楽しむことができるようになりました。痛みが消えて、本当に心が軽やかになりました。
江畑先生、心よりありがとうございました。

ひとりで悩まずに、まずはお問い合わせ下さい

〒231-0007
横浜市中区弁天通4-53-2
045-226-4578

<営業時間>
【月水金】AM7:30 〜 PM7:30
【火】AM7:30 〜 PM12:30
【土日】AM8:00 〜 PM12:30
  ※予約状況により変更あり
【定休】 木曜・祝祭日