身体は軽く、今まで感じていた症状がウソのよう

【遠藤 由紀 様 / 川崎市】お客様の喜びの声:長年の肩こりが改善;事例・遠藤由紀様

私の1番の悩みは、首から肩にかけての『こり』でした。 思い返せば高校生の時から肩こりを感じていたと思います。 そして社会人になり、仕事柄パソコンに向かっての作業や顕微鏡をのぞいたりと 眼を使うことが増え、酷いときには疲れから首がパンパンに張り、頭痛が起こることもありました。 それに加え、追い討ちをかけるように症状が悪化したのが「育児」です。

便利な抱っこ紐。 出かけるときはいつも使っていました。 子供も2歳を過ぎ体重もグンと増え、成長を感じて嬉しい反面、 私の首・肩から肩甲骨、腰には今まで以上に負担がかかるようになっていったのです。 結果、私の身体は悲鳴を上げ、首から肩にかけて張りを感じスッキリしない。 身長が縮んだ感じ。 通勤で使用しているバスの冷房でさえ首がパンパンになり、 薬を飲みながら過ごす日々。 肩甲骨周辺の痛み張りから腕が上がらない。 腰から脚にかけての痛み。 など、症状は増えていく一方でした。 時々、鍼灸院に運びマッサージや電気をかけてもらったりしていましたが、 その場しのぎに過ぎませんでした。

そんな時、主人から勧められたのが『とうせんきょう』です。 初めてとうせんきょうで施術を受けた日、江畑先生は「痛みを取るのは簡単だよ。」と言って、 肩甲骨周辺の痛みを取り除き、上がらなかった腕は上がるように、 腰から脚にかけての痛みもさらりと取り除いてくださいました。 ですが、「これも一時の治療でしかなく本当の原因がどこにあるのか? そこを治さない限りまた痛みは繰り返すからね。」と。 そこで今後どうしたいか!? 気になっていた骨格矯正の話を伺い、 江畑先生の考えと思いに共感を持った主人と一緒に治療をお願いすることにしました。

骨格矯正を受けるにあたり、まずレントゲンを撮り分析・診断。 なんと私の原因は首が2段階に傾き歪んでいたこと。 初めて骨格のレントゲンを撮り、判明したことでした。 骨格矯正が始まり、1週間に1回の間隔で施術。 初めはとても痛かったですが、変化は1回受けただけで実感しました。 なんと、通勤時苦しんでいた冷房による首の張りがなくなったのです。 身長が縮んだ感じもなくなりました。 そして回数を重ねるごとに、症状は減っていきました。 また施術時に伴っていた痛みは心地よい痛みに変わり、 身体は軽く、今まで感じていた症状がウソのよう。 今では2~3週間に1回の間隔で施術を受ける程度で済んでいます。

江畑先生はおっしゃいます。 「最終的に良くなって、とうせんきょうを卒業していただきたい!!」と。 卒業する日が来るのは寂しいですが、症状が改善し卒業できる日まで夫婦ともどもお世話になりたいと思います。 いつもありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

ひとりで悩まずに、まずはお問い合わせ下さい

〒231-0007
横浜市中区弁天通4-53-2
045-226-4578

<営業時間>
【月水金】AM7:30 〜 PM7:30
【火】AM7:30 〜 PM12:30
【土日】AM8:00 〜 PM12:30
  ※予約状況により変更あり
【定休】 木曜・祝祭日