首が動かない・・・

首が動かない・・・

早朝の出勤時に同級生の友人から緊急メール受信。どうやら首を寝違えてシンドイとのこと。悪化しているとの連絡を受け、治療させて頂くことに。とは言え、今日は午前中営業で予約がいっぱい。しかも午後からは甥っ子を連れて三ツ沢競技場へサッカーを観に行く予定。試合終了後、帰宅途中で往診させて頂くことになりました。

試合を終えて、友人の家に行って状態を拝見すると・・・まず下を向けなくて困っている様子。首全体の動きを拝見すると、下だけでなく上も左右も向けません。なんと、全方向へ固まってしまってます。

とりあえず、下向きが困難になっているのを改善すべく背中のコリを解除します。うつむけに寝そべってもらい、背中にローラーを掛けるようにして肘を動かしてながらコリを押圧します。すると、すぐに顔を下に向ける動作が楽になりました。

今度はクルクルと首を回す動作をしてもらうと右肩後ろで突っかかります。これも右首根元のコリを押圧して緩めるとすぐに改善。再び首を回して頂くと逆に左が気になるようになりました。首周りの筋肉を緩めるワケですが、背中も肩も肩甲骨も首もすべて固まってしまっています。

筋肉の緊張は何によって発生するのか?それは関節の硬化によって発生します。何故、関節が硬くなるのか?それは骨の配列がズレているためです。友人の症状はまさに骨の歪みによって発生しており、筋肉を触ってどうこうという次元の問題でないと判断しました。

首が動かない・・・
友人と私の家は同じ町内にあり500mほどの距離。骨の歪みを整えるべく、場所をウチに移して施術再開。簡易ではありますが、ウチには矯正器具が常備してあります。往診用のポータブル器具です。友人をポータブル矯正器具に乗せて、背中から首まで骨格矯正を施します。なお、友人は3年前にレントゲン写真を撮り、首の矯正治療を受けて頂いてましたので、今回の矯正治療を受けて頂くのに問題はありません。

一度良くなって頂いたのですが、3年以上も放置した結果の今回。前屈みの仕事や日常の悪い姿勢で、再び総崩れしたようです。さて、矯正治療を施し、再び首周りの筋肉にアプローチ。すると、先程までガンガンに硬かった筋肉が割と簡単にほぐれていきます。あちこち緩めて、首はグルグルと引っ掛かりなく回るようになりました。

最後に姿勢崩れの悪影響をコンコンと説明して終わった次第です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 TOMOTAKA EBATA

ひとりで悩まずに、まずはお問い合わせ下さい

〒231-0007
横浜市中区弁天通4-53-2
045-226-4578

<営業時間>
【月水金】AM7:30 〜 PM7:30
【火】AM7:30 〜 PM12:30
【土日】AM8:00 〜 PM12:30
  ※予約状況により変更あり
【定休】 木曜・祝祭日