ストレートネック 元に戻りますよ!

安心してください ストレートネック 元に戻りますよ!

ストレートネックは元に戻せます!

ストレートネックが原因の頭痛・首痛・肩こり

「首が痛くて・・・」
「肩が痛くて・・・」
「頭痛がひどくて・・・」
「めまいや吐き気がして・・・」

といったお悩みから 病院で診てもらった際に『ストレートネックですね』と言われたことがありませんか?

ストレートネックと言われる

ストレートネック って??

【ストレートネック】:首の骨が真っ直ぐな状態

ストレートネックが首コリ・肩こりの原因になっている

病院の先生に詳しく聞きたかったのに対応が事務的だったり、順番待ちの患者さんがいて遠慮したりで、よく分からない・・・なんてことはありませんか?

病院でストレートネックを尋ねても詳しく教えてもらえない

症状の改善を期待して受診したのに、これといって治療をしてもらったわけでもなく、薬だけもらって帰ってきたことはありませんか?

ストレートネックは薬では治らない

「原因はストレートネックですね」って言われただけで・・・何かが解決した感じはありますか?それで暮らしがラクになりますか?

ストレートネックってどうなってるの?

ネットで検索をしても、結局は何かの解決になるようなページは少なく、ストレートネックの解説や説明だったり、ストレートネック専用枕の販売だったりと 症状の改善や本格的な治療につながる情報にヒットすることは意外に少なかったりします。

アナタが知りたいのは、要するに・・・


● どうしたら、ストレートネックが直るのか?
● どこに行けば、ストレートネックが直るのか?
● ストレートネックを直せば、痛みや症状のない生活を取り戻せるのか?
ということですよね。


結論から言うと、ストレートネックは元に戻ります。

ストレートネックは元に戻ります

とうせんきょうでは『ストレートネックの矯正治療』をさせて頂いております。そして、ストレートネックが原因で生じている痛みや症状であれば、首骨の配列を正しい状態に戻すことで痛みや症状も連動して改善します。

ストレートネック矯正とダルマ落とし

では、どのように直していくかというと・・・イメージ的には「ダルマ落とし」が近い感じです。真っ直ぐに積み重なったコマを叩いて横へ移動させるように、ストレートになっている首骨の配列を叩くようにして刺激を入れて首にカーブを作って戻していくのです。

それは、外力を加えて「楔(くさび)」を打ち込む感じにも似ています。
ストレートネックは骨を打ち込んで治療する

首がストレートネックになっているということは、もともとのカーブが失われて首骨が前方から後方へ飛び出した状態(逆「くの字」)になっているということ。後方に飛び出してストレートになった骨配列を、楔を打ち込むように骨に刺激を加えて元の場所に戻すことで首カーブを作り出していくのです。
ストレートネック矯正とダルマ落とし
ストレートネック矯正とダルマ落とし

ストレートネックを直すためには矯正治療が必要です。

首骨の矯正は、歯列矯正に似ています。

例えば、歯並びの悪さを整えるために歯医者さんに行ってみたとして、どの歯が正常な並びになっていないかを確認してもらうことが最初に必要な手順になります。次に悪い歯並びに応じて、銀色の矯正器具をガッチリと装着することになります。現状を確認し、悪い場所に正しく矯正アプローチをするというわけです。

ストレートネックを直すには矯正治療が必要です

歯並びのデコボコを一列に正しくキレイにそろえるために、強い力で歯を縛って負荷をかけることになります。それも長時間・長期間にわたって・・・。そして、ようやく歯並びがキレイになってくるわけです。

ストレートネックの矯正も同様の手順で正しく改善します。

ストレートネックの矯正

まず、 レントゲン写真を拝見して、ストレートネックの現状を明確に把握します。つまり、どの骨が本来の配列からズレているのかを確認するということ。どこが悪いのか、が分かっていることでストレートネックを作り出している骨に正確にアプローチができるのです。

レントゲンでストレートネックを確認

次に、正しいポジションに首の位置をセットして、骨に矯正刺激を加えてストレートネックを本来あるべき元のカーブに戻していくことになります。ストレートになっている首の前後を調整して一時的にカーブを作った正しい状態で固定して、そこにダルマ落とし的な刺激を加えて骨を正しい位置へ戻し動かすわけです。この作業を繰り返していくことで、ズレて歪んだ首骨がカーブのあった正常ラインまで正しく押し込まれて元に戻っていくのです。



『刺激を繰り返し入れていく』というところが歯列矯正とは異なるところ。歯列矯正では銀色の装具でガッチリと歯並びを正しく固定しますが、人の首骨に装具をつけてカーブを作った正しい状態を固定矯正することはできません。

しかしながら、歯列矯正の矯正力と同じような負荷を首骨に刺激として加えていかないと配列を崩した首骨・ストレートネックは直りません。

そこでストレートネックの矯正は、刺激の【質】として歯列矯正のような持続的な強い刺激ではなく「瞬間的な強い刺激」を加えることで歯列矯正と同じような矯正力を発揮させていくことになります。手技によって配列から外れた首骨を小突いて押し戻す感じです。1回小突いただけでは骨は動きませんから、これを繰り返し行うことでストレートになった首骨を正しいカーブ位置へ誘導して送り込むわけです。

ストレートネックに矯正刺激を加える

ストレートネックを直す矯正力は、後方から前方への縦方向への刺激となります。プラスチックの下敷きを思い浮かべて頂けると分かりやすいでしょう。クニィ~と曲げるには、両手で持った下敷きに対して、後方から前方へと力を加えなければいけませんね。

下敷きを曲げるのと同じように人の首骨の上下を持って曲げることはできませんから、実際はストレートになった首骨を後方から前方へ送り込むようにして小突いていくわけです。

これがストレートネックを矯正し、ストレートネックによって起きている症状や痛みから解放される方法です。

ストレートネックを元に戻す力

横浜・関内・馬車道の骨格矯正サロン「とうせんきょう」では、「ストレートネック」に関するお悩みの原因を【骨格の歪み】に合わせて解決します。

詳しくは →→→ 【真鋭の原因治療・方法】

お問い合わせはこちら

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 TOMOTAKA EBATA

ひとりで悩まずに、まずはお問い合わせ下さい

〒231-0007
横浜市中区弁天通4-53-2
045-226-4578

<営業時間>
【月水金】AM7:30 〜 PM7:30
【火】AM7:30 〜 PM12:30
【土日】AM8:00 〜 PM12:30
  ※予約状況により変更あり
【定休】 木曜・祝祭日