ストレートネック予防・対策

安心してください ストレートネック 元に戻りますよ!

ストレートネック予防・対策

スマホ首

結論から言うと、『下を向かない』ことがストレートネックにならないための重要なポイントになります。ところが、気づかないうちに下を向いてしまい、いつの間にか首に負担をかけてしまっているのが現状です。日常でありがちなのが「携帯電話を覗き込んでいる姿勢」、いわゆる「スマホ首」と呼ばれるストレートネックを着々と作っている場面です。

スマホ首への負荷

下を向くと・・・頭が前方へ飛び出すように傾きます。その姿勢は首を起点にして平仮名の「く」の字に折れ曲がってしまうのが上図からも見て取れます。スマホをいじっている姿勢は、まさにココに該当しています。電車に乗りこんで周辺を見回せば、カバンの中からスマホを取り出して首を「く」の字に曲げている人がどれだけ多いことか・・・。たぶん、アナタもその1人。

本来、首は「く」とは逆のカーブ(前に向かってカーブ+頭を後ろに反らしている状態)ですが、下を向いた途端にカーブが崩れて「く」の字になります。ここにおいて、首の正しい形が失われ、首のカーブが相殺されてストレートネックへと変形していくのです。

どうすればストレートネックを防止できるのか?

では、どうすればストレートネックを防止できるのか?

簡単です。スマホを目線の高さに持ってくれば良いのです。すると下向きで覗き込んでいる頭がカラダの上に乗り、首に負担が掛からない姿勢を維持することができるのです。

ストレートネック防止的スマホの持ち方
スマホの正しい持ち方でストレートネックを予防

ストレートネックを予防・防止するには、日常に潜む『姿勢崩れ』をいかに立て直すことができるか?というアナタ自身の意識が重要になります。

横浜・関内・馬車道の骨格矯正サロン「とうせんきょう」では、「ストレートネック」に関するお悩みの原因を【骨格の歪み】に合わせて解決します。

詳しくは →→→ 【真鋭の原因治療・方法】

お問い合わせはこちら

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 TOMOTAKA EBATA

ひとりで悩まずに、まずはお問い合わせ下さい

〒231-0007
横浜市中区弁天通4-53-2
045-226-4578

<営業時間>
【月水金】AM7:30 〜 PM7:30
【火】AM7:30 〜 PM12:30
【土日】AM8:00 〜 PM12:30
  ※予約状況により変更あり
【定休】 木曜・祝祭日